フコクしんらい smart life partner

お客さまや社会とつながるフコクしんらい生命

「スマートライフパートナー」。これはお客さまをはじめとする社会と当社をつなぐ言葉です。それぞれとの「つながり」をキーワードにフコクしんらい生命がどんな会社なのかをご紹介します。

富国生命保険相互会社とのつながり

フコクしんらい生命の誕生

平成8年(1996年)8月8日、干支の始まりである子年の八が3つ重なった末広がりの日に当社の前身である共栄火災しんらい生命保険株式会社は創業しました。くしくも同じ子年、12年後の平成20年(2008年)2月1日、長きにわたって共栄火災海上保険株式会社と良好な関係を築いていた富国生命保険相互会社が共栄火災しんらい生命の株式の80%を取得し、「フコクしんらい生命保険株式会社」として、新たなスタートを切りました。そして現在、フコクしんらい生命は、フコク生命グループにおいて、代理店をとおした保険販売を担う重要な会社としてその歴史を刻んでいます。

すてきな未来応援します フコク生命

創業は、縁起の良いといわれる、子年の平成8年8月8日、末広がりの日!

平成8年(1996年)8月8日
共栄火災しんらい生命保険株式会社創業
平成20年(2008年)2月1日
フコクしんらい生命保険株式会社として新スタート

詳しい当社の沿革はこちら

フコクしんらい生命本社

お客さまとのつながり

お客さま数12年間で7万人から46万人へ

フコクしんらい生命として営業を開始した2008年の3月末時点に7万人だったお客さま数は、2020年3月末時点で46万人になり、12年間で約6倍となりました。個々のお客さまに対して保障する金額の合計を表す保有契約高についても、2008年3月末時点の7,525億円から2020年3月末時点の2兆4,013億円となり、12年間で約3倍となりました。
この成長は、一人ひとりのお客さまに丁寧なサポートを提供することで、スマートライフパートナーとして選んでいただけた結果と考えています。

※ お客さま数および保有契約高はいずれも個人保険分野における数値

社会とのつながり

豊かな社会の実現に向けた社会貢献活動の取組み

フコクしんらい生命では、本業での活動による社会の発展への貢献はもちろんのこと、視覚障がい者スポーツであるゴールボールの振興支援をはじめとする、豊かな社会の実現に向けた社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

取組内容

  • 障がい者スポーツ振興支援
  • 献血活動
  • がん検診の普及・啓発活動
  • 東日本大震災復興支援プロジェクト参加 など
詳しい社会貢献活動内容についてはこちら

フコクしんらい生命は、「代わりがない会社」という独自の存在価値を持つことを目指し、今後も、保険本業や社会貢献活動等をとおして皆さまの人生や社会を支えられるような企業活動を行ってまいります。