解約返戻金抑制型医療保険

現状の医療に対応した医療保険です。
お取扱金融機関:信用金庫

  • 特徴1

    日帰り入院でも5日分
    入院給付金をお支払いします

    4日以内の入院でも5日入院した場合と同額の入院給付金をお支払いします。

    入院給付金のお支払例
    (入院給付金日額5,000円の場合)

    入院日数 1日 5日 6日 60日
    お支払金額 25,000円 30,000円 300,000円
    ご説明 入院給付金日額の5倍の金額をお支払いします。 入院給付金日額に入院日数を乗じた金額をお支払いします。
    1回の入院につき60日まで。

    一定期間内に同一または関連性の高い原因により2回以上入院した場合、1回の入院として取り扱います。

  • 特徴2

    公的医療保険が適用となる手術・
    放射線治療
    保障します

    お支払いの対象となる手術は約1,000種類あります。(2018年8月現在)

    公的医療保険の適用対象であっても手術給付金のお支払対象とならない手術があります。

    放射線治療給付金は、60日間に1回のお支払いとなります。

  • 公的医療保険が適用とならない部分の
    先進医療保障します

    先進医療定額給付金のお支払いは、同一の病気またはケガを原因として、同一の先進医療による療養を複数回受けられた場合でも、1回の給付となります。

  • 骨髄移植対応します

    骨髄ドナー給付金は、責任開始期から1年経過後1回のみのお支払いとなります。

  • 特徴3

    先進医療技術料実費
    受け取れます

    先進医療の技術料以外の診察料、検査料、投薬料、入院料などは、お支払いの対象とはなりません。

    ※先進医療特約を付加してご契約いただいた場合の保障になります。

  • 特徴4

    認知症と診断確定されたとき、認知症診断給付金をお支払いします

    認知症給付の責任開始日前(責任開始期以後90日以内)に所定の認知症に罹患していると診断確定されても、
    認知症診断給付金のお支払いはいたしません。

    ※介護保障定期保険特約を付加してご契約いただいた場合の保障になります。

  • 特徴5

    要介護2以上・所定の要介護状態に該当されたとき、介護保険金をお支払いします

    所定の要介護状態については、商品パンフレットをご確認ください。

    ※介護保障定期保険特約を付加してご契約いただいた場合の保障になります。

ページトップへ

主契約

主契約の詳細

特約の詳細

特約の詳細

※この保険商品の主契約は解約返戻金抑制型医療保険、特約は先進医療特約・介護保障定期保険特約です。

留意事項

この商品は無配当保険ですので、契約者配当金はありません。

保険料の払込期間中にご契約を解約された場合、解約返戻金はありません。

保険料の払込期間の満了後にご契約を解約された場合、解約返戻金があります(入院給付金日額の30倍相当額)。ただし、
保険料の払込期間の満了後であっても、保険料払込の猶予期間中または失効中のご契約には解約返戻金はありません。

解約返戻金抑制型医療保険に付加できる特約(先進医療特約、介護保障定期保険特約)には解約返戻金はありません。

ページトップへ

取扱条件

個人契約 法人契約
契約年齢範囲
(被保険者)*1
解約返戻金抑制型医療保険(主契約) 0(生後15日以上)~75歳 15~75歳
先進医療特約
介護保障定期保険特約 20~70歳
入院給付金日額(解約返戻金抑制型医療保険) 5,000円/10,000円
1入院の支払限度日数 60日
保険金額(介護保障定期保険特約)お申込時 100万円
保険期間
保険料払込期間
解約返戻金抑制型医療保険
(主契約)
【保険期間・
保険料払込期間】
終身
【保険期間・
保険料払込期間】
終身
【保険期間】
終身
【保険料払込期間】
短期払(歳満了)
60歳満了/65歳満了/
70歳満了/75歳満了/
80歳満了/85歳満了
(払込期間5年以上)
先進医療特約 5年
85歳まで自動更新
5年
85歳まで自動更新
5年*2
自動更新
介護保障定期保険特約 5年/10年
85歳まで自動更新
5年/10年
85歳まで自動更新
付加できません
保険料払込方法*3 口座振替月払/口座振替年払
最低保険料*4 口座振替月払:900円   口座振替年払:5,000円
引受選択 告知書扱*5

※ 被保険者が既にフコクしんらい生命の保険商品に加入されている場合など、ご希望のコースに加入できないことがあります。

*1 被保険者の契約年齢は、契約日における満年齢で計算します。

*2 先進医療特約は主契約の保険料払込期間満了後は自動更新できません。

*3 法人契約の場合、第1回保険料については振込のお取扱いが可能です。

*4 特約を付加する場合は、特約保険料を含みます。

*5 保険契約の引受けに関する判断のために必要な健康状態などに関する質問に被保険者がご自身で告知いただく方法です。

ページトップへ

  • 質問放射線治療とはどのような治療法ですか?
    回答放射線治療とは、手術、抗がん剤とならぶがん治療の3大治療法と言われており、しゅようの縮小、再発の防止、痛みの軽減などを目的として行われています。
    放射線療法には、体の外から放射線を照射する外部照射と、放射線を出す小さな線源を病巣付近に入れて体の中から照射する内部照射があります。最も多く行われる外部照射では、通常4週から7週程度にわたり、20回~35回の照射を行います。
    一般的な放射線治療は公的医療保険が適用されます。ただし、放射線治療の一種である陽子線治療や重粒子治療は先進医療に認定されており、公的医療保険が適用されません。このような場合は先進医療の技術にかかわる費用は全額自己負担となります。
    詳しくはこちら(知っておきたい「先進医療」)をご覧ください。
  • 質問同一の疾病で2回以上入院した場合、疾病入院給付金はどのように支払われますか?
    回答同一の疾病または医学上重要な関係にある一連の疾病による入院は、それぞれの入院を通算して1回の入院として取り扱います。ただし、支払対象となった最終の入院の退院日の翌日から180日を経過した後に開始した入院は、新たな疾病による入院として取り扱います。

    ※支払対象となった最終の入院の退院日の翌日から180日を経過した後に開始した入院は新たな疫病による入院とみなします。

  • 質問認知症と診断確定された後、認知症が進行して要介護状態になった場合、給付金や保険金はどのように支払われますか?
    回答認知症診断給付金をお支払いした後、要介護2以上に認定、または所定の要介護状態に該当されたときでも介護保険金をお支払いします。
    ただし、介護保険金をお支払いした場合は、介護保障定期保険特約は消滅しますので、介護保険金をお支払いした後、認知症と診断確定されたときは、認知症診断給付金をお支払いいたしません。

ページトップへ

詳細情報

商品名 解約返戻金抑制型医療保険
愛称

ハローキティの医療保険

パンフレット

パンフレット(PDF:1,304KB)

お問合わせ

取扱代理店

詳細は取扱代理店までお問い合わせください。

  • ・このホームページは、商品の概要を説明したものですので、詳細につきましては必ず「パンフレット」「契約概要」「特に重要なお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」をあわせてご覧ください。
  • ・このホームページの保険料および保障内容は、2018年10月2日現在のものです。

当社の商品は、代理店からのお申込みとなります。
ご契約までの流れについては以下でご案内しております。

ご契約までの流れ

募AAG06180126(18.09)