保険用語集

生命保険に関する専門用語をわかりやすく解説しています。

あ行

受取人
(うけとりにん)
死亡保険金や入院給付金などを受け取る人のことをいいます。

か行

解除
(かいじょ)
告知義務違反などにより、当社がご契約の全部または一部を消滅させることをいいます。
解約返戻金
(かいやくへんれいきん)
ご契約を解約された場合などに保険契約者に払い戻されるお金のことをいいます。
確定年金
(かくていねんきん)
年金支払開始日以後、年金支払期間中、被保険者が生存されているかぎり、毎年お支払いする年金種類のことをいいます。年金支払開始日以後、年金支払期間中の最後の支払日前に被保険者が死亡されたときは、残余の年金支払期間の未払年金現価をお支払いします。
給付金
(きゅうふきん)
災害または疾病により入院された場合や手術を受けられた場合などにお受け取りになるお金のことをいいます。
契約応当日
(けいやくおうとうび)
契約日の年単位、半年単位または月単位の応当日のことをいいます。
契約者配当金
(けいやくしゃはいとうきん)
責任準備金などの運用益が、当社の予定した運用益をこえた場合、保険契約者にお支払いするお金のことをいいます。
契約日
(けいやくび)
保障開始の日をいい、契約年齢・保険期間などの計算の基準日のことをいいます。
告知義務と告知義務違反
(こくちぎむ)と(こくちぎむいはん)
保険契約者と被保険者には、ご契約のお申込みや復活、復旧などをされるときなどに現在の健康状態やご職業・過去の傷病歴など当社がおたずねする重要なことがらについて、ありのままに正確にもれなくお知らせ(告知)いただきます。これを「告知義務」といいます。
その際に事実が告げられなかったときには、告知義務違反としてご契約が解除されることがあります。
ご契約のしおり
(ごけいやくのしおり)
約款の中で保険契約者にとって重要と思われる部分を抜き出し平易に解説したもののことをいいます。

さ行

失効
(しっこう)
猶予期間の満了までに保険料のお払込みがなく、ご契約の効力が失われることをいいます。
支払事由
(しはらいじゆう)
約款または特約事項で定める、保険金や給付金などをお支払いする場合をいいます。
責任開始期
(せきにんかいしき)
申し込まれたご契約の保障が開始される時期のことをいいます。
責任準備金
(せきにんじゅんびきん)
将来の保険金や給付金などをお支払いするために、保険料の中から積み立てられるものをいいます。

た行

第1回保険料充当金
(だいいっかい
ほけんりょうじゅうとうきん)
ご契約の申込みのときにお払い込みいただくお金のことで、ご契約が成立した場合に第1回保険料に充当されます。

は行

被保険者
(ひほけんしゃ)
生命保険の対象として保険がかけられている人のことをいいます。
保険期間
(ほけんきかん)
保険で保障される期間のことをいいます。
保険金
(ほけんきん)
被保険者が死亡されたときや高度障害状態になられたとき、または満期を迎えられたときなどにお受け取りになるお金のことをいいます。
保険契約者
(ほけんけいやくしゃ)
保険会社と保険契約を結び、契約上のいろいろな権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料支払義務)をもつ人のことをいいます。
保険料
(ほけんりょう)
保険契約者からお払い込みいただくお金のことをいいます。
保険料払込期間
(ほけんりょうはらいこみきかん)
保険料をお払い込みいただく期間のことをいいます。
保険料払込期月
(ほけんりょうはらいこみきげつ)
毎回の保険料をお払い込みいただく月のことで、払込方法に応じて迎える契約応当日の属する月の初日から末日までの期間をいいます。
保証期間付終身年金
(ほしょうきかんつき
しゅうしんねんきん)
年金支払開始日以後、被保険者が生存されているかぎり、毎年終身にわたり年金をお支払いし、保証期間中の最後の年金支払日前に被保険者が死亡された場合は、残余保証期間中の未払年金の現価をお支払いする年金種類です。

ま行

免責事由
(めんせきじゆう)
約款または特約事項で定める、保険金や給付金などをお支払いできない場合をいいます。

や行

予定利率
(よていりりつ)
保険料の算出に用いる予定率のひとつです。保険会社は資産運用による一定の運用益をあらかじめ見込んで、その分の保険料を割り引いています。このときに使用する利率をいいます。